What’s New

最新情報はfacebookページでチェック!


2016年に発表し好評を博したME04マトリョミン限定モデル”5K Isuzu"を、諸事情により4体のみ限定で再販します。今回のロットは前回のもに比べ小柄です。
くわしくはこちら


チェブラーシカとマトリョミン、夢のコラボ!

あのチェブラーシカのマトリョミン"チェブラミン"が期間限定で販売されます。また、チェブラーシカのマトリョーシカは我々マンダリンエレクトロンがプロデュース。これまでの木工チェブラーシカ・マトリョーシカのイメージを塗り替えるクオリティです。

デザインはマトリョミンアンサンブル”Mable"メンバーで、"テルミン侍プロジェクト"を主宰されている藤平明子さん。絵付けはロシア・マトリョーシカ工房のエース級が担当。これまでにないチェブラーシカ・マトリョーシカ、チェブラミンを具現するための最強タッグを組みました。

チェブラーシカ・プロジェクト公認のクオリティ。まずはWEBサイトでご確認ください!

 


 寒中お見舞い申し上げます。

 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 さて今年はあの「100人のマトリョミン合奏」への取り組みから6年。再び挑戦してみようと考えています。あれがあったればこそ、後の「ギネス世界記録 (272名で"最大数のテルミン演奏"を樹立) へも進めたというもの。大きな飛躍のための偉大な一歩でした。うち一曲のビデオは、YouTubeで再生回数83万回を越える、全世界注目のビデオです。

 前回に参加された方にはよくお分かりでしょうが、お客さんを入れずにビデオ収録だけを目的とするクローズドなイベント。何度もやり直しができる分、ごまかしは効きません。

 

 私ごとですが昨年末のクリスマス・コンサートのちょうどその時脳内出血に見舞われました。今も横浜の病院に入院中です(退院しました。170224)。極めて精緻な制御が要求されるテルミン演奏において利き腕の自由が奪われてしまったのは致命的ですが、悪いことばかりでもありません。左腕での代替や失われた機能の回復など、興味深いテーマが山盛りです。

 そういったわけで、私にとっても改めての挑戦の一年となる2017年。高い頂きを皆さんと共に挑んでみたいと存じております。「100人のマトリョミン合奏2017」の開催は初夏ごろ、首都圏での実施を予定しています。

 

2017年1月 竹内正実


静岡県浜松市のふるさと納税の枠組を利用することによって、実質2,000円でマトリョミンを手に入れることができまます。信じられない安さですが正真正銘の我々が作っている製品で、メーカー1年保証がついている他、CD3枚もついた豪華版です。

マトリョミンを始めてみようと検討中の貴方、こんなに安く始められるチャンスはそうありませんよ!

※浜松市にお住まいの方はご応募いただけません。納税額によっては制限があります。

 

ふるさとチョイス

さとふる

 


2011年に実施した「100人のマトリョミン合奏」から「第九〜第九ブギ」ビデオがAtlas Obscuraで紹介されています。

我々の挑戦の歴史において、はじめて大規模な合奏に挑んだ意義深いイベントです。このビデオはたびたび今回のようにメディアで取り上げられ、YouTube上で80万回を越える視聴回数を誇っています。これもマトリョミンユーザーの皆さんや教室の先生方が団結し励んでくださったおかげです。


10/16(日)付け中日新聞・静岡県内版にて、テルミン、マトリョミン、竹内正実の取り組みについて紹介されています。


世界音楽の祭典in浜松市オープニングムービーでテルミン

 

弊社の事務所が所在する浜松市は、ユネスコ創造都市ネットワーク(音楽分野)に加盟しました。これを記念し今秋「世界音楽の祭典in浜松2016」が開催され、そのオープニング映像が制作されました。弊社代表の竹内正実がテルミン奏者としてこの映像作品に参加しています。映像作家はミュージックビデオやCMで引っ張りだこの児玉裕一さん!!! 竹内正実は2’48"あたりから登場します。是非ご覧ください!


テルミン博士生誕120周年記念コンサート、イベント終わりました。
レフ・テルミン博士生誕120周年を記念してテルミン博士の実娘ナターリア・テルミンさん、ひ孫のピョートル・テルミンさんを日本にお招きし開催したイベントやコンサート、盛況裏に終了しました。ご来場のお客様には心から御礼申し上げます。

以下は8/11スコットホールで開催された「日露合同コンサート」のレポートです。是非ご覧ください!

ロシアNOW

http://jp.rbth.com/arts/2016/08/16/621399

ロシア文化フェスティバルblog

http://russian-festival.net/blog/?p=2336

 


ロシアのニュースチャンネル”RT”にてマトリョミンと我々の活動について紹介されました。2016年1月に銀座三越で開催された「世界のかわいい雑貨マルシェ」でのマトリョミンアンサンブルMable & Daによるミニライブのダイジェストビデオもご覧いただけます。
https://www.rt.com/news/331326-russian-dolls-matryomin-music/


2015年9月下旬、「第二回マトリョミンお里帰りツアー」と称したコンサートツアーをロシアで実施してきました。総勢27名によるマトリョミン合奏の他、テルミンのカルテット演奏も披露。サンクト・ペテルブルグ、セミョーノフ、そしてモスクワでコンサート出演しました。満席のお客様や覚えきれないほどのメディア取材を受けるなど、大きな関心を呼び、大成功を収めました。サンクトペテルブルグでのコンサートのダイジェストビデオはこちら


竹内正実教室生徒さんのテルミン演奏ビデオを制作・公開しています。

 

長い人では15年のキャリアを有する、竹内正実のテルミン演奏教室に通う生徒さんのテルミン演奏ビデオを公開しております。もっとも教室の歴史の古い名古屋教室を皮切りに、現在28名のムービーを公開しております。今後も制作をすすめ、編集ができ次第公開して参ります。テルミン博士に始まる直系演奏法の継承者でもある彼らの演奏を、どうぞご覧ください。 こちらからご覧いただけます。


マトリョミン合奏での世界記録を樹立しました!

 

2013年7月20日、浜松で実施された”マトリョミン合奏で世界記録に挑戦”ですが、273名で臨み、四声にアレンジされた「アメイジング・グレース」を規定の5分以上演奏、監視員6名と公式認定員の審議の結果、272名が合格、"Largest theremin ensemble"の記録を樹立しました。この記録はこれまで存在しませんでしたので、今回の認定により初めて記録が樹立されました。
当日の模様をまとめたビデオはこちらにて御覧いただけます。挑戦者のみなさん、これまでの準備、そして良い演奏をありがとうございました。スタッフの皆さん、そして当日にお手伝いくださった参加者の方々にも御礼申し上げます。