What’s New

最新情報はfacebookページでチェック!


障がいの有無に関わらずマトリョミン演奏を楽しむ一日講座

腕が麻痺しているとか目が不自由であるといった障がいの有無に関わらずマトリョミンは演奏を楽しめます。私は右腕が麻痺していますが、健常側の左手で弾いたり、リハビリ目的で麻痺側の手で弾いて楽しんでいます。目が不自由であることはそもそもマトリョミン演奏においてハンデになりません。
ME04型マトリョミンであればリモートコントローラーを接続し、机の上にマトリョミンを置いて弾けます。
今回の一日講座は浜松で実施します。浜松、もしくは近郊にお住まいの障がいのある方、是非いらしてください!

「触れずに奏でるマトリョミン」

〜ハンディキャップがあっても大丈夫!〜
10/3(日), 10:30-12:00

講師:竹内正実
SBS学苑浜松校 受講料;2,200円, 管理運営費:110円

https://www.sbsgakuen.com/Detail?gakuno=3&kikanno=210244

 

 


令和3年度浜松市創造都市推進事業補助金に採択されました。

1)世界の一流演奏者とのバーチャルなテルミン・アンサンブルビデオの制作と公開

2)障がいを乗り越えてマトリョミン演奏に取り組むビデオの制作と公開

以上二点。9月上旬頃公開予定です。

 

 


「あの人に迫る」で竹内正実紹介

 7/2付け「中日新聞・夕刊」の特集”あの人に迫る”にて、弊社代表の竹内正実について紹介されています。これまで数知れず新聞にも取り上げていただきましたが、テルミンもマトリョミンも風変りなものとして語られることが多く、こういう内容のある記事をようやっと書いてもらえるようになったのかと感慨深かったです。「変」や「珍」で訴求したのでは、本当にテルミン演奏の魅力を伝えたい人に届けられず、誤解され、失望させたかもしれません。これまでは普及を第一に求めてきましたが、これからは第二章。テルミン演奏で音楽の美を求めた初心に立ち返り、思いのままにやっていきます。

※7/5付け「東京新聞」にも転載されています。

 

 


テルミン教則本「続 テルミンを弾く」増刷しました。

 2014年に発刊し、長らく欠品状態にあった「続 テルミンを弾く」を増刷しました。

 対象は中〜上級者向け。演奏を構成する内容をテクニックとロジックに分け、前者を習得することを目的とした「腕の良い大工を育てる」編と、歌心のある演奏を求める「詩人を育てる」編から成っています。

 2002年に上梓した「テルミンを弾く」の伝統を受け継ぎ、リング綴じの装丁です。物語を読むのと違って教則本はあちこちのページに飛びますし、譜面台の上で特定のページを開きっぱなしの事が多い。教則本にはリング綴じが最も適していると考えています。

・Mandarin Electron Webショップで購入

 

 


Mandarin Electron伴奏音源集に新タイトル。

 安価で高品位な伴奏音源集に新タイトルが加わりました。

 「さくらさくら」

 「黒い瞳」

 「G線上のアリア」

 


BandCampにてMandarin Records制作CD作品を公開しています。

 テルミン発明100周年を記念して制作された「Renaissance and Evolution」をはじめ、Mandarin Recordsからリリースされた作品のいくつかをBandCampで公開しています。
全曲フル試聴でき、デジタルアルバムの購入も可。

https://japanthereminoldschool.bandcamp.com


テルミン発明100周年記念CD「Renaissance and Evolution」発売に併せ、竹内正実過去CD作品も再販、リマスター版としてリリース。期間、初版限定の値引きも。

 テルミン発明100周年記念CDアルバム「Renaissance and Evolution」についてはお知らせしていますが、弊社webショップサイトでもご注文を受け付けます。4/13頃発送予定です。なお、このアルバムは「ふじのくに#エールアートプロジェクト」様の助成を受けており、初版分は1,100円(一枚)で販売します。

CD参加者の方にはお送りしますので、しばらくお待ちください。

 

 3/26(金), 17:00から、”Renaissance and Evolutionフェア”始めます! 竹内正実の過去作品も再版、リマスタリング版として再発売、割引き販売があります。

 

1)長らく欠品状態にあった「VOCALISE」をリマスタリング、新デザインを施しリリースします。
2)こちらも欠品していた「Theremin Vox Collection Vol.1」を再販します。
3)以上2タイトルは1,800円(税込)ですが、3/26〜6/26の期間限定で、990円(税込)に値引き販売します。併せて、竹内正実1stCDアルバム「Time Slips Away」も定価を1,800円に改訂、上記期間限定で990円で販売します。

竹内正実のテルミン演奏スタイルは独特。誰にも真似できないピッチ曲線があります。今聴けば若い演奏と、やり直したい部分もありますが、現在に至る演奏の軌跡が見えます。ぜひこの機会に竹内正実のテルミン演奏に触れてみてください!


ピッチ補正をしていない「素」の演奏であることを示すマーク作りました

 テルミンは楽器の側に音の高さの基準がなく、自らのセンスと技術でピッチを作らねばなりません。故に難しく、演奏者のピッチの取り方で個性が表れます。DTMソフトの発展によって、不安定なピッチを補正する技術が現れました。歌ものの録音にまずは使われ始めましたが、技量に劣るテルミン奏者がこれを使わないはずもありませんでした。

 ピッチ補正のことを「ピッチコレクション(Pitch Correction)」とか「ピッチコレクト」と呼びますが、テルミンの醍醐味である「その人固有のピッチ」が聞けなくなりました。このことを嘆くものではありませんが、この音源は補正のない「素」の演奏であることを示す印があっても良いのではないかと考え、認証マークの様なものを勝手に作ってみました(自己申告ですが)。我々のアルバムはピッチコレクトを一切使っていません。その人なりのピッチ感、音色が楽しめます。


NHK英語教材で竹内正実のテルミン取り組み紹介

 NHK Worldで配信(海外は放送)された番組をベースに、英語教科書としてまとめられ「NHK NEWS LINE 4」として出版されました。竹内さんについての「不屈のテルミン奏者」はUnit1として紹介されています。全部で15Unitを収録。

https://www.kinsei-do.co.jp/books/4114/


「ゼロオペ」でテルミン・ビデオクリップ制作

 テルミン発明100周年記念CDを制作していることはお伝えしていますが、これに先駆け、ビデオを4編公開しました。

「ひばり」「亡き王女のためのパヴァーヌ」「Pryanik」「いのり」の4曲。

 特筆すべきはすべてのビデオ撮影は「新しい生活様式」にのっとり、当方から機材一式を送り、奏者自身が撮る「ゼロオペ」で収録されたということ。そんなことできっこないとあきれられましたが、やってみるものです。

「ひばり」※テルミン四重奏+ピアノ

https://youtu.be/7bVm-uUZEu8

「亡き王女のためのパヴァーヌ」※テルミン四重奏+ピアノ

https://youtu.be/jqCnJzfz_dc

「Pryanik」※テルミン・デュオ+ピアノ

https://youtu.be/NIcqZV7P6EY

「いのり」※テルミン・ソロ+ピアノ

https://youtu.be/zkE92L1yZzQ


2020年大晦日に「歓びの歌」ビデオ公開

 コロナ自粛期間中に、リモート作業で67名のマトリョミン合奏による「異空異時間」ビデオを制作、大晦日に公開しました。是非ご覧ください!

https://youtu.be/gPB-ovay8yU


浜松市ふるさと納税にマトリョミン復活

 ふるさと納税度制度の見直しが再度あり、返礼品にマトリョミンが復活しました。2,000円の手数料を差し引いた、寄付額の全額が所得税から控除されます。寄付金額以上の所得税を支払っておられ、かつ浜松市以外にお住まいであるなどの条件がありますが、実質2,000円でマトリョミンを手に入れられます。こんな機会は他にない! この機会に是非マトリョミンを始めてみませんか?

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/22130/4994799


米CBSニュースサイトでマトリョミン合奏ビデオを紹介

 テルミン発明100周年と、ベートーベン生誕250周年を祝うビデオ「For Elise - KISS MY EYES」について、米CBSニュースサイトで紹介されています。

https://www.cbsnews.com/news/matryomin-musicians-belting-out-beethoven-on-theremin-may-be-eeriest-virtual-concert-ever/


テルミン発明100周年・ベートーベン生誕250周年を記念したビデオはリモートで制作

 2020年はテルミン発明100年と、ベートーベン生誕250周年にあたりますが、これを記念するビデオを制作しました。しかし今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響がありましたので、マトリョミン合奏もリモート作業で録音、ビデオ収録しました。

 マトリョミンをラインで(マイク録音でなく)各自で録音し、データで送っていただきます。ビデオも同様にそれぞれが自撮り。すべての作業をリモート作業でこなしましたが、いくつもの発見もあり、活動制限の中、新たなスタイルの創作ができました。


コロナを越えて、新しい時代に新たな取り組みを!

 マンダリンスコラ教室を再開します。しかし新型コロナウイルス感染症再拡大をうけ、9月再開としていましたが、もう少し先延ばしします。webレッスンは随時受け付けています。テルミンも第二世紀に突入します。良い点は引き継ぎ、改めるべきは改め、新時代に臨みます。

 

webレッスン詳細

 形態:facetimeビデオ通話やfacebookメッセンジャービデオ通話等を用いた、マンツーマンのweb個人レッスン。

 実施日時:受講生の都合に合わせます。

 受講料:

  2,000円/30分、もしくは

  1,500円/20分

 ※郵便振替口座にお振り込みいただきます。

 講師:竹内正実

 お申し込み:mand55@mandarinelectron.com

 

 

著名ミュージシャンからマトリョミン合奏での録音参加の打診がありました。感染再拡大をうけ、途中からフル・リモート作業に舵を切りましたが、結果的にこれまでの水準を遙かに越える内容の録音ができました。webレッスンで準備を進める中で、個々の演奏にじっくり向き合ったことができ、これがたいへん有効だったのです。

 

教室のレッスンでは、それぞれが抱える問題を修正しきれませんでした。ピッチもある程度までは揃いましたが、そこから先に進めず、足踏み状態が長く続きました。アーティキュレーションも、これまであまり理解され、実践できていないことが良くわかりました。webレッスンは新型コロナウイルス感染症の行動制限のもと、仕方なく始めましたが、瓢箪から駒的な発見があり、これほど有効だとは思いませんでした。テルミンやマトリョミンは楽器の側に音の高さの基準がなく、他の楽器のように反復練習する中で動作の型が出来上がってくるのを期待するのでは、上達はおぼつきません。レッスンの観点がずれていることが、webレッスンの取り組みで分かりました。

 

webレッスンは通信環境を整えるのも簡単です。テスト通信などもできますので、お気軽にご相談ください。

なお、zoomなどを使った多人数同時のレッスンではなく、マンツーマンですので、他の方にレッスンの内容を見られたり、部屋の様子が知られる心配も無用です。ご自宅で演奏するにあたり、ご家族の不在時や夜中、早朝など、ご都合のよい時間をご相談ください。

 

是非ご検討ください!


マトリョミン合奏での世界記録を更新しました!

 

2019年9月14日、神戸で実施された”マトリョミン合奏で世界記録更新への挑戦”ですが、291名で臨み、四声にアレンジされた「歓喜の歌」を規定の5分以上演奏、監視員6名と専門家証人2名、公式認定員の審議の結果、289名が合格、"Largest theremin ensemble"の記録を更新しました。
当日の模様をまとめたビデオは公開予定でしたが、Guinness World Recordsの動画の扱いのガイドラインが変わったことを受け、公開できなくなりました。断片ですが、文末のリンクでNHK World newsの動画をご覧いただけます。

テルミン100年のうち日本は26年に関わっていますが、ここまで音楽にすることができたことを、自らの演奏で実証できたと存じています。テルミン発明100年を記念して催されましたが、天国のテルミン博士にも届いていると良いですね。
https://www.facebook.com/nhkworld/videos/328880901248159/


ロンドンのクラシック音楽のFM放送曲”Classic FM”が2020, 7/6にシェアした”100人のマトリョミン合奏”のビデオ「第九〜第九ブギ」の再生回数以下の数字に達しました。
再生回数:215万回(2021/5/16現在)

 

 

引用元の動画が7年かけて90万回再生に至ったことを思えば、驚異的な数字といえるでしょう。

https://www.facebook.com/ClassicFM/videos/10156730734749260/