テルミン発明100周年記念CD:弊社レンタルICレコーダーによる録音方法について

【2セット用意しています

当方がお貸しできるICレコーダーは二機種あります。

・aセット: 通常のICレコーダー

・bセット:スマホに接続することでオーディオインターフェースとしても機能します。直接スマホに録音できます。

 ※録音操作がシンプルなのはaセットですが、PCをお持ちでなく、直接スマホに録音したい場合はbセットをお選びください。

 

aセット内容:録音機本体(SONY D-50)、マトリョミンとの接続ケーブル、USBケーブル

 

bセット内容:録音機本体(ZOOM H1n)、マトリョミンとの接続ケーブル、USBケーブル+iPhoneカメラコネクティングケーブル、MicroSD→SD変換アダプタ



【マトリョミンとの接続

・マトリョミン出力とICレコーダーを接続します。ケーブルはセットに付属しています。
 ※ME02型マトリョミンをお使いの場合はご相談ください。専用にケーブルをセットします。

ME04:上側に接続

ME03:向かって左側に接続



【ICレコーダーとの接続、録音、データの取り込み

【aセット】

 

・マトリョミンの出力を接続し、電源をONにします。

・録音レベルを調整します。演奏しているときに「ー12dB」程度になるようにします。過大入力で歪ませないようにしてください! 小さい分には後処理で対応できますが、歪ませてしまうと録り直しです。ゼロポイント少し上の極低音域が最も大きな音量になります。

・録音します。

1)RECボタンを押します。

2)PAUSEボタンを押します。


・録音が済んだらPCに取り込みます。

電源を一度切って、ICレコーダーをPCにUSB接続してください。初期設定では「01フォルダ」に録音するようにしてあります。



【bセット】※PCに取り込む場合

・マトリョミンの出力を接続し、電源をONにします。

・録音レベルを調整します。演奏しているときに「ー12dB」程度になるようにします。過大入力で歪ませないようにしてください! 小さい分には後処理で対応できますが、歪ませてしまうと録り直しです。ゼロポイント少し上の極低音域が最も大きな音量になります。

・録音ボタンを押して、録音します。

・録音が済んだらPCに取り込みます。

電源を一旦切って、microSDカードを抜き出します。抜き出すには一度カードを押し込みます。再度ICレコーダーにセットする際は、カードの電極面が上になるように、表裏に注意して差し込んでください。

PCへの取り込みに際しSDカードサイズに変換する場合、付属のカードアダプタをご利用ください。

!電極が上面、カードラベル面が必ず下面になるように挿入してください。逆向きで無理に押し込むと、カードもICレコーダーも破損します。



【bセット】※オーディオインターフェースとして用い、スマホに直接録音する場合

・ICレコーダーの電源オフを確認し、USBケーブル+カメラコネクティングケーブルを接続します。

 ※アンドロイドスマホを使われる場合、OTGアダプタをご用意ください。

・電源をONにします。

・iPhoneにLightning端子を接続します。

・一度、iPhoneからLightningケーブルを外します。 ココ大事

・ICレコーダーのディスプレイに機能を選択する表示が表れますので、「オーディオI/O」を選びます。”実行”は録音ボタンです。

・ICレコーダーのディスプレイに接続機器を選択する表示が表れます。画面真下に小さな四角いスイッチが四つ横にならんでいますので、二つ目と三つ目のスイッチを操作し「iOS」を選択。録音ボタンで実行します。

 ※アンドロイド・スマホを使われる方は「PC/Mac」を選んでください。

・iPhoneにLightning端子を再び接続します。

・録音レベルを調整します。演奏しているときに「ー12dB」程度になるようにします。過大入力で歪ませないようにしてください! 小さい分には後処理で対応できますが、歪ませてしまうと録り直しです。ゼロポイント少し上の極低音域が最も大きな音量になります。

・「ボイスメモ」アプリ等で録音します。録音を再生する際も、このICレコーダーがオーディオインターフェースになっているので、再生音はICレコーダーの小さなスピーカーから聞こえてきます。お気を付けください。