テルミン発明100周年記念企画

 発明から一世紀を迎えた電子楽器テルミン。弊社代表竹内正実がロシアに渡り、テルミンを習い始めたのが1993年。日本はテルミン100年のうち27年に関わっています。かつて演奏できる人口が0 (zero)だったのを、27年かけて、マトリョミンのような楽器を創り、大合奏でギネス世界記録まで樹立するに至りました。

 

 日本は独自の進化と発展を遂げており、その特異性はテルミン発明100年を記念してNewYork Theremin Societyが制作したアルバム「Theremin 100」にはっきり現れています。日本からは竹内正実が主宰するテルミン四重奏”Japan Theremin Old School”が参加しましたが、多様性を追い求める人ばかりの中で、日本のアプローチは独特。例えるならば、ストライクゾーンぎりぎりに変化球を投げようとする人が溢れる中、ど真ん中に直球しか投げ込まない投手のようでした。皆、個性的であろうとして、結果的にどれもこれもよく似ており、個性に無頓着だった我々の取り組みが最も個性で際立ってしまったとは皮肉でした。

 

 2019年はロシアからテルミンファミリーを招き、ギネス世界記録を更新し(289名)、記念コンサートも実施できました。

 2020年は竹内正実の演奏教室に通う人達による演奏で、テルミン発明100年を祝うアルバム「Theremin100jp(仮題)」を制作します。テルミン発明200年、300年に振り返っても、日本国内で起こった現象は突然変異だったと言われるでしょう。テルミン音楽の金字塔的録音と呼ばれるに相応しい内容をめざします。


テルミン発明100年記念CD制作

 テルミン発明100周年を記念し、日本独自のCDアルバムを制作します。

 日本ならではの100年目の到達点を録音で残しましょう。

 

【めざすもの】

多様性に富んでいるとは、それぞれの価値基準があり、それぞれの”ものさし”を手にしていることに例えられるかもしれません。我々が創りたいのは、一つのものさしの上で音楽性と技量を磨いた結果の音楽。竹内正実は一貫してこのアプローチで27年間テルミンに取り組んできましたが、その成果をCDにして後世に残したいと考えています。

 

【参加資格】

ピッチが正確であるのは言うまでもありませんが、こだわりたいのは「音楽の表情付け」。参加資格は竹内正実が演奏法指導する教室(マンダリンスコラ、各地の教室)を受講されている方、もしくはそれに準じている方。教室を受講されていてもご参加いただけない場合もあります。

CDアルバムはテルミン重奏とマトリョミン合奏で構成されます。テルミン重奏は竹内さんが個別に参加を打診します。マトリョミン合奏は参加を募ります。参加意思があることが前提ですが、どの曲に参加していただくかは、竹内正実が独断で決めます。

 

【曲の構成、録音時期と場所、録音手法】

長年の取り組みにより独自の音楽性を形づくってきた我々のテルミン重奏とマトリョミン合奏。テルミン発明100周年の金字塔と呼ばれるに相応しい内容を目指します。

テルミン重奏はデュオから四重奏で6曲程度。マトリョミン合奏は6曲程度を予定しています。

 

マトリョミン合奏の演奏曲ですが、現時点で予定している曲は以下のとおり。

・Glissando〜Geisha

・花メドレー

・Invention No.4

・夕焼け小焼け

・第九〜第九ブギ

・ロシアメドレー

 

【録音方法】
新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、録音方法をフル・リモート作業に変更しました。詳細はこちら

 

【参加費、CDリリース時期】

 ・マトリョミン合奏:9,000円 

  ※完成したCD代一枚分の代金含む

  ※全曲参加しても一曲だけでも同一料金

 

 ・テルミン重奏:未定

 

 ・CD完成予定:2020年12月

 

【お申し込み、主催】

・下記メールアドレスまでご連絡ください。 

 100CD@mandarinelectron.com

 

・主催:マンダリンエレクトロン