Masami Takeuchi Theremin School

竹内正実の活動は”自ら奏で、楽器を創り、そして弟子を育てる”の三つから成っており、どれひとつ欠くことはなりません。

 

自らの演奏に磨きをかけるテルミン奏者はいても、竹内正実ほど教育に注力している者はいません。これまでのテルミン演奏の発展を阻んできた最大の理由は、演奏教授法を軽視してきたことに他なりません。

 

演奏教授法においては、すでに竹内正実の弟子の中から師になる者も現れています。このような継承と拡散がみられるのは、世界中で日本だけです。竹内正実は自身の演奏を磨くだけでなく、1998年から演奏法教授を活動のメインテーマのうちのひとつとしています。このような長年の取り組みがあってこそ、マトリョミンのギネス世界記録挑戦といった試みや、古典的演奏法による高度なテルミン重奏を可能にしているのです。

 

竹内正実の演奏教室に通う生徒さんのテルミン演奏ビデオを制作し、公開しております。竹内正実自身や弟子たちの演奏をご覧いただければ、いかに我々がテルミン博士に始まる演奏法、カルチャーの継承を尊重しているか、お分かりいただけると思います。

 

弟子達の演奏、是非ご覧ください。

Masami Takeuchi Theremin School on YouTube